差し押さえされた時に読むサイト【待ったなしの状況】

突然の差し押さえ。自己破産はしたほうがいいのか?

差し押さえは借金問題がデッド・ゾーンにはいった合図と言えます。

 

人によっては、連帯保証人になっていたがために突然やってくることもなきにしもあらずです。

 

差し押さえを受けた時、債務者側の手段の一つとして自己破産があります。

 

この事故破産は、もちろん無料でできるものではありません。

 

個人でやるにも、弁護士などに依頼するにもお金がかかります。

 

自己破産にかかる弁護士費用は、一般的に言って相場が異なっています。

 

不動産のような財産を持っている人は約30万円程度必要になりますが、財産的価値のあるものを持っていない人は数万円で済むケースもあります。

 

なぜ自己破産の申請に費用がかかってしまうのかと言うと、自己破産の申請には官報掲載料や不動産に関する管財人の報酬なども考慮されているからです。

 

基本的に財産的価値のある物を多く保有している人ほど処分に対する費用と書類の作成に費用がかかることになるので、割高になっています。

 

もちろん、このお金は一括して支払う必要などはなく、相談する弁護士によっては自己破産の申請後に複数回に分けてゆっくりと返済できるように配慮してくれるところもあります。

 

そもそも、自己破産の申請に伴う費用を捻出するのはそれほど難しいことではありません。

 

例えば、不動産のような財産がある場合にはまずその不動産を競売にかけることになるのですが、ここで出た不動産の利益というのは全てが全て借金の返済に回さなくてはいけないわけではありません。

 

自己破産後に日常生活を送っていくためにもある程度のお金は手元に置いて良いことになっていますので、当然不動産を売ったお金から自己破産にかかる費用を出しても構いません。

 

安心して申請が出来るようになっているのです。

 

 

個人再生デメリットについてはこちら。