差し押さえされた時に読むサイト【待ったなしの状況】

口座を差し押さえされてしっまたら

口座を差し押さえされてしまったら、ほとんどの人が滞納の問題や借金の問題が深刻になってきたと言えます。

 

口座が差し押さえされるなど、ほんどの人が初めての経験で冷静にいられないと思います。

 

支払督促無視したくなる人もいるかもしれません。

 

こんな時は、直ぐにでも専門家の方にそうだんすることをおすすめします。

 

例えば弁護士ならば、債務整理の案件を沢山取り扱った実績のある人がオススメです。

 

専門家の方と話すだけでも、意外と心がおちつくものなので、是非無料相談などを利用してみて下さい。

 

自己破産とは

 

債務者にとっての借金問題の最終手段が差し押さえならば、取り立てられる側の最終手段は自己破産と言えます。

 

その自己破産について解説したいと思います。

 

平成17年に破産法が改正されたことによって、従来よりも自己破産の手続きが簡便化されました。

 

これによって、弁護士や司法書士という専門家に依頼をしなくても、個人で自己破産の申請を行うことが出来ることになったのです。

 

手続きが簡便化されたのは喜ぶべきことですが、一方で困った事態も。

 

それは、自己破産が軽んじられているということです。

 

ちょっと借金で困ったら自己破産をすればいいのではないか、と安易に考えている人が多いのです。

 

手続きが複雑であれば、その際には専門家に相談をしますので、専門家によるアドバイスや自己破産以外の選択肢も提示されます。

 

しかし、自分で行ってしまえば、そういった歯止めもなくなってしまうのです。

 

そして気をつけなければならないのは、どんな借金でも自己破産で帳消しになるというわけではありません。

 

自己破産というのは、申請すればその時点で借金がチャラになるわけではありません。

 

申請をして、それが裁判所で認められなければならないのです。

 

そして、自己破産が認められない借金のケースがあります。

 

そのひとつが、浪費による借金です。

 

例えば、ホストクラブに入れ込んでしまい、何百万円も借金をしてしまったという場合です。

 

これ以外にも、ギャンブルによる浪費も自己破産の対象外となっております。