差し押さえされた時に読むサイト【待ったなしの状況】

差し押さえの回避

自己破産をしたいが土地の差し押さえなどを回避したい

 

債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)には色々な種類がありますが、その中でもあまり知られていないのが、個人再生法です。

 

この個人再生法は2001年にスタートした新しい制度で、任意整理を行っても借金を返す事はできないが、自己破産はしたくないという方に
お勧めの債務整理となっています。

 

個人再生法には2種類あり、1つは小規模個人再生、もう1つは給与所得者再生というものです。

 

小規模個人再生の場合、継続的に収入が見込め、なおかつ5000万円以下の借金の場合適応されるのが特徴です。

 

収入があれば申請できるので、パートやアルバイト、年金受給者の方でも行う事が可能です。

 

ただし、条件があり返済計画に対して債権者の過半数の同意が必要な事、同意した債権者からの借金額が総額の半分以上を占める必要があります。

 

もう1つの個人再生法である小規模個人再生は、債権者の同意を得なくても手続きを取る事ができる制度です。

 

個人再生法は自己破産とは違い、土地などを差し押さえられる事はありません。

 

ですので、持ち家があるという方にぴったりな、債務整理だと言われています。

 

ただし、家のローンや利子は個人再生法でカットされる事はなく、全て支払う必要がある為、
家のローンの残額が多い場合には、再建計画が立てにくいと言えるでしょう。